2012年01月14日

オーストリアから風

先日より、遂にヨーロッパ系アマゾンからの購入が可能になり、一通り目ぼしいところをピックアップ出来たので購入手続きを済ませた品の第一陣が到着しました。

オーストリアから風日本のと基本的な作りは変わらないのですが、〝バリっとひっちゃぶれ!〟タイプでなく、〝ここを引け!〟タイプのオープナーになっていて、かつ印刷デザインがちょっぴりおされ感があるような無いような。

ちなみに「UK、Fr、It…」と欧系アマゾンの名前がズラリと並んでいるのは、共用パッケージだからだと思いますが、欧米のアマゾンは登録情報を共有しているので、どこかひとつに登録したら該当地域ではサクサク手続きができます。

日本とか中国はハブられてるようです。

とりあえず店を開けてからにしようと置いといたら、チビッコの襲撃を受けてしばらく放置。
5時になったので帰ってからようやく梱包をほどくと出てきたのはDVD2つ。


オーストリアから風ひとつは頼まれものの「野いちご」。

残念ながらこちらはUK向けの商品で、辛うじて英語字幕入りというのが視聴のハードルとなりますが、日本向けのものは絶版でバカ高いので、英語でもやむなしという事だったので引き受けました。

米アマゾンでも買えますが、値段もUKのほうが安いし、リージョン違いよりは信号方式の問題のほうがクリアしやすいから、消去法的に今回のUKの荷物に紛れ込ませました。



オーストリアから風もうひとつは「人狼」
押井守のケルベロス・サーガのたぶん唯一のアニメ作品。
例によって押井監督の人間不信ぶりが横溢する陰謀劇で、例によって面白いかどうかでいうと微妙な出来なんですが、例によって化けそうなところが気にかかって一応チェックしてしまう作品です。

観るべきところは沢山あるけど、どうもどれもカタルシスに至る前に寸止めされる。
まあ解りやすいエンタテインメントにしない事で陳腐化を防ぐ意味があるんでしょうが、そういう意味では押井守は個人的には芽が出ない人です。

なんでそんなもん注文したのかと言われれば、そういうあふれかけのコップみたいなのも味わいだと思ったからで、どれくらいの動機かズバリ示すなら、パッケージに〝攻殻機動隊とアキラの製作者が作りました!〟とバッチリ書いてあるくらい、普通の人には動機付けが難しい作品です。

ちなみに僕は劇場で見ました。

ヨーロッパ版なので、リージョン問題はありませんが、信号規格がPALで普通のテレビには映せません。
変換機能があるデッキかPCでの視聴が可能となっています。
と思ったけど、試しに入れてみたらコピープロテクトの都合で再生を拒否られました!

まあ不正行為をする訳ではないので抜けられるとは思いますが、やはりフリープレイヤーがあるほうが便利ですね。

同じカテゴリー(DVD)の記事画像
わが青春のトラウマ映画
戦いの海は牙で漕げ
検品洋画劇場「プルガサリ」
検品洋画劇場「マッドマックス」
青い稲妻が僕を責める
あたらしい友達
同じカテゴリー(DVD)の記事
 わが青春のトラウマ映画 (2016-12-25 17:47)
 戦いの海は牙で漕げ (2014-06-18 15:31)
 検品洋画劇場「プルガサリ」 (2014-05-15 20:15)
 検品洋画劇場「マッドマックス」 (2014-05-07 23:49)
 青い稲妻が僕を責める (2014-02-05 18:18)
 あたらしい友達 (2014-01-07 20:20)

Posted by チェリー2000 at 21:13│Comments(0)DVD
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。