2012年01月20日

おまめさん

昨日は雨のせいか、それに乗じて手抜きをしたからか、けっきょく坊主で終わりました。
来たのはちびっこが二人とアマゾンの荷物を持ってきた郵便屋さんの三人だけ。
正真正銘、客ゼロの一日はちょっと久しぶりだったかも知れません。

まあそんな日もあります。


「新幹線大爆破」で貧しさに負けて爆弾魔になった高倉健を観てから夜中に寝床に入ると、ふと軽い焦燥感に襲われる。

目標の売り上げに到達するのには現在からどれくらいの集客&販売増を達成する必要があるのか、それを想像するに現実的でないような気がぼんやり脳裏に浮かんでくるのです。

先日の市会で話していた言葉が浮かんできます。

〝時給換算するのが怖ろしいほど拘束時間の長い仕事をしてる〟

たしかにその通りで、それでも好き好んでやってるのだからその点はまだ納得できる。
問題は、一日が24時間である以上、どう頑張っても一日に出来る作業および売り上げには限りがあるということで、その上限に近いレベルの長時間をすでに費やしていて、今の売り上げと言う現実が問題なのです。

〝こんだけやってこれなんだから、生活保護とか申請できないか〟

あくまで冗談半分ではあるものの、リアリティーのある発想です。
世の中には、さほどの努力をする事もなく、お上に頼りきる人もいると聞きます。
まるごと生活費をくれなんて言う訳でなく、ちょっと援助して頂けるととてもありがたい、そういう思いも無いと言えば嘘になります。
思ってるだけですけどね。

寒々とした思いでジムに行くと、シャワーまで妙にぬるい。
どうなってんだ。

おまめさんそんな寒々しいにも程があるこの頃、皆さんはさすがにもうちょっとマシでしょうが、まだ後ひと月くらいは寒さの厳しい日が続くと思われます。こんな寒い夜に「ウルティメイト・ミスタービーン・コレクション」はどうでしょう。

劇場版2本にテレビシリーズとアニメシリーズが網羅されている豪華ボックス仕様となってます。
オマケのテディを横に座らせて見るといっそう気分が出る事請け合い。
本国からの輸入版なので、日本で放送できなかったちょいブラックなネタも勿論収録されてます。
ちなみに日本語は一切フォローされてません。

「ミスタービーン」はニヤニヤ笑い系で爆笑シーンは少なめなので、日本では好き嫌いが激しく別れる向きがあるように思いますが、個人的にはこういう低温の笑いも好きなんですよね。

正月に黒豆食べてないぶんを、こっちのマメで縁起を担ぐというのも悪くないかも知れません。

同じカテゴリー(DVD)の記事画像
わが青春のトラウマ映画
戦いの海は牙で漕げ
検品洋画劇場「プルガサリ」
検品洋画劇場「マッドマックス」
青い稲妻が僕を責める
あたらしい友達
同じカテゴリー(DVD)の記事
 わが青春のトラウマ映画 (2016-12-25 17:47)
 戦いの海は牙で漕げ (2014-06-18 15:31)
 検品洋画劇場「プルガサリ」 (2014-05-15 20:15)
 検品洋画劇場「マッドマックス」 (2014-05-07 23:49)
 青い稲妻が僕を責める (2014-02-05 18:18)
 あたらしい友達 (2014-01-07 20:20)

Posted by チェリー2000 at 23:02│Comments(0)DVD
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。