2012年01月24日

売ってはいけない物もある

けっきょくシーズンパスを買ってしまいました。

GoW3の話です。


作業に集中したかったのでゲーム絶ちの意味でいったんフレンドを全部消してしまったのですが、ゲーマータグの都合で意外にフレンド登録を送られる事があり最近また増えてきて、ゲームに誘われる事もでてきました。
最近まではホストがコンテンツ持ってれば特に問題なかったのですが、さすがに買った人が割り食った感があるからか、単にもっと買わせたかったのか、新しいコンテンツは無いとある人とのマッチングが出来なくなっているようで、迷惑かける形になるので購入に踏み切りました。

まあどうせまだまだやるだろうし、3000円くらいなのでそのうちとは思ってましたが、結局〝迷惑かけたくない〟が最大の動機になったと言うところが、我ながら日本人らしいメンタリティだなと思います。

いわゆる〝恥の文化〟の変則的発露だと思いますが、こうした慎み深さはなんだかんだ言っても日本人の美徳でないでしょうか。
ジムで良く会う、〝髪を乾かす以外にドライヤーを使うな〟の指示に対して、テーブルの上にドライヤーを作動させたまま置き〝たまたまこういう状況が生まれただけで意図は無い〟みたいな顔して、仁王立ちで股間を乾かしているオッチャンは、残念ながら慎みの方向性に間違いがあると言わざるを得ませんが。

さて、こういう遊びは幼稚で金が出て行くばかりで不毛だ、などと前時代的な発想の人や賭け事などのオヤジ遊びをやる人なんかに言われる事もありますが、最近じゃ価値観も多様化してて〝不毛な遊び〟も銭になったりしてて、ヤフオクを巡回してると時々そういうのに出くわします。

自作のイラストなんかが万単位になってたり、3000円くらいで普通に売られてるプラモを作ったものが10万以上で落札されてたのはさすがに正気を疑いましたが、本格的に職業にしてなくてもちょっとした余芸が副収入になることもあるようです。
この手軽さはネット時代ならではですね。

もちろんそれなりの技術があればの話で、中にはそれを横目に見て欲の皮突っ張らかせた人が、そりゃねえだろレベルの代物を出してて、見てる方が恥ずかしいやらガッカリやらって惨劇に出くわす事もあります。

まあ僕の場合は完全にただのお遊びなので、なんの言い訳にもなりません。
というか、遊びは無意味なほど楽しみの純度は高いので、あえて言い訳する気もありません。

仕事のぶんに関してはもっと売れてくれないと困りますが。

同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事画像
存在の耐えられない軽さ
足元注意で
見えない重が欲しくて、見えない重を撃ちまくる
羊頭狗肉
作ることの恍惚と不安
「こいつは楽しめそうだ」
同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事
 バーチャファイター (2016-11-23 21:02)
 存在の耐えられない軽さ (2014-02-22 22:00)
 ドイツ電撃作戦 (2012-07-15 21:57)
 ポーランド侵攻 (2012-07-12 22:31)
 足元注意で (2012-07-08 19:41)
 見えない重が欲しくて、見えない重を撃ちまくる (2012-06-21 23:31)

Posted by チェリー2000 at 23:32│Comments(0)ビデオゲーム
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。