2012年02月07日

鈴懸の木の果実は食えない

「アーマードコアV」が案の定のフロムクオリティで大層評判悪い。
「ドラゴンズドグマ」が発売日決定するも、オン要素がごくオマケ程度にあるだけで、マルチ無さそうなので圏外確定。

けっきょくまだまだ「ギアーズ・オブ・ウォー3」オンリーで戦い抜く事になるようです。
コンテンツ買ったところだし、それはそれでいいかなと思います。

ACシリーズは個人的には評価してませんが、国内ファンが多いタイトルなので、ファンからそっぽ向かれない程度に保守的な作りにしといたらよろしいかと思うのです。
DQとかFFとかも、超保守派向けのタイトルとして古典的なスタイルを貫いたら良いんだと思うのですが、余計なクリエイター魂を見せようとしたのか、進化しないとダメになると焦ったのか。

まあ各々、楽しければいいかなと思います。

「無駄遣い 憶えるのはのはやさしい そしてまた楽しい」
とは堀込高樹「冬来りなば」の一節ですが、消費マインドは冷え切っていてそれほどやさしくは無いようでもあります。

先日の「それいけメッセンジャー」内では〝お金ある人は使わな!〟と内需拡大こそがいま重要だと訴えながら、六車奈々の〝わたしなんかお金ないけど使ってるもん!〟に対し〝金無いのに使うんはアホや〟と冷ややかに切り捨ててましたが、いま若い人はお金なくて、年寄りは意欲がないという状態なので、アホな若者が増える所からはじめて頂くしかないんじゃないか、と思い至りましたね。

ちなみに僕は若者というほど若くは無いのにお金が無くて、年寄りと言うほど年寄りではないのにあまり物欲は無いのですが、十分すぎるほどアホではあるという、まるで使い物にならない人です。
そう考えると、〝素で買うほど欲しくないし、純粋に仕入れとするには高いけど、両方の意味をあわせれば買える〟っていう買い物ばかりしてるこの頃の動向にはピタリと符合しています。

〝まったく古本屋ちゃん様々だぜェ〟と梅宮辰夫「シンボルロック」の真似をしてしまうところがアホ。

まあ個人的に楽しいから良いと思いますけど、もうちょっと確定申告し甲斐が欲しい、そんな店。
気付けば4年目突入してました。

同じカテゴリー(古本屋)の記事画像
ゴールド・プラチナム
新春どり祭り
日暮れてしまう、催してしまう
お屠蘇気分か
アドマティック地獄
ビッグウェーブ、光る海につれだして!
同じカテゴリー(古本屋)の記事
 ミスターサマータイム (2019-07-01 21:26)
 短縮営業のお知らせ (2019-06-07 23:11)
 時代を跨ぐ一歩 (2019-04-28 00:55)
 ゴールド・プラチナム (2019-04-17 23:17)
 新春どり祭り (2019-02-14 22:14)
 臨時休業のお知らせ (2018-08-02 22:54)

Posted by チェリー2000 at 19:41│Comments(0)古本屋
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。