2012年02月19日

羊頭狗肉

三年目の残念な売り上げを受けて、リローンチを目指すべく在庫整理の日々です。
運搬作業もたっぷりあるので、自転車こいで右往左往していると、ひさしぶりにベーカリーナザレを発見。
僕はあまり障害者に対する発言に気配りしすぎない主義なので、障害者ネタが不快だと感じる方はそっ閉じでお願いします。

いつも通り車椅子まじりの立ち売りグループで、今日の出し物は紅茶クッキーでした。
僕は状況が許す範囲でなるべく買う事にしていて、今回は帰り道&処分したぶんで小銭があったので一袋購入。
グループを統率するのは施設のスタッフと思われますが、メインの売り子はたぶん軽めの知的障害の人。
接客とお金の受取はこの人がやってるようでした。

当然のことながら、健常者にはたやすい事も彼らは頑張ってやることになりますので、障害のタイプや程度によってそのアクションはユニークなものになります。
それほどしげしげ見たり接したりする訳ではないし、そこにそれほど興味や楽しみを感じてるわけではないので、まあなんとなく〝ああ、頑張ってはんねんな〟という雰囲気があればけっこう満足できます。
ただ、頑張ってる人を応援して気分良くすることよりも、むしろそれほど頑張ってなくて、そこそこ手を抜いて割りとイヤイヤ接客をしてるんだったら、とかいろいろ邪推してゾクゾクする方が楽しみとしては大きいです。
ギャップに装飾された人間の俗っぽさはとてもコケティッシュです。

いざ支払いとなった際、財布を開いたら目に入ったのが500円玉。
クッキーは300円。
探せば百円玉3枚があることはわかっていましたが、ここはもうひと頑張りしてもらい達成感を共有するのはどうだろうかと思い立ち、〝お前のガッツを見せてくれ!〟とばかりに500円玉を渡す。
すかさず後ろのスタッフが200円返してくれました。ちぇ。

羊頭狗肉
紅茶クッキーに紅茶でもなんなので、ホットミルクで頂きました。

大変おいしゅうございました。





なかなか利益には程遠い古本屋稼業ですが、中古商売というのは新品で商売してる人は勿論、意外に業者内でも著作側に利益が回らない事を批判的に考える向きがあったりするようです。
かく言う僕も、多少なりともそのあたりに思いを巡らす事が、まあ無い事は無い程度ですがあります。
とはいえ、商品をいったん買った以上、それを売ろうが譲ろうが捨てようが、それは購入者の権利なのでここを縛ろうとするとおかしな事になってしまいますし、実際、古本に圧力がかかってるという話は知りませんし、音楽や映像なんかはレンタルもあります。
しかしかなり以前から中古を問題視して、小売とメーカーが争っているジャンルがビデオゲーム。

なんでも次の世代では、中古対策のプロテクトを仕込むとかどうとかって話題が出ているそうです。
ゲームネタなんか退屈だという方はそっ閉じでお願いします。

僕は以前、ゲーム屋でバイトしてたことがあり中古も新品も扱っていましたが、ゲームはリスクが高い商材でした。
6千円くらいのソフトを売って千円くらいの利益が出る感じでした。
5本仕入れたら、5本売り切らないと儲けになりません。
しかも足が早くて、発売週に売り切らないと不良在庫になる確率がとても高いのです。
本やCDなら返品できますが、ゲームは玩具同様買い切りなのでとてもリスキー。

ユーザーもそうですが、バイヤーはそれ以上に情報が少ない状態で発注をかけねばならないので、基本的にバクチです。

利幅が大きく、かつ仕入れ値が店で決めれるので多少ダブついてもダメージは小さく済む中古での補填が無ければ成立しない商売でした。
むしろ新品は種まきで、中古として帰ってきてからが商売だったと言っても過言ではありません。

中古はたしかに新品の売れ行きに少なからず影響があるだろうとは思います。
しかしそれは必ずしもマイナスだと言い切れないと僕は思っています。
ただ、どっちにどれくらい影響を及ぼしてるのかというのは、やってみないとわからないので、業界からは離れた今となっては実際にやってみて答えを出して欲しい問題ではあります。

個人的には、定価で売る自信があるなら返品を受け付ければ話が早いと思うのですが。
宣伝力のない中小や、新規タイトルも積極的に棚に並べられるし。
競争としてフェアだし、業界の未来にとっても良いと思います。
声を上げてるのが有力シリーズを持ってる大手ばかりってところからして、目先の事しか考えてないような気がしてなりません。

ああでもアメリカは返品できますね。
あちらの〝面白くないから返品〟OKってのは、気持ちは解るけどやり過ぎ感ありますが。

なんとかみんなが損しないやりかたって無いもんですかね。

ウチなんか店開ければ開けるだけ損するんですが、これはまた別の話。

同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事画像
存在の耐えられない軽さ
足元注意で
見えない重が欲しくて、見えない重を撃ちまくる
作ることの恍惚と不安
「こいつは楽しめそうだ」
スパ4をやった
同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事
 バーチャファイター (2016-11-23 21:02)
 存在の耐えられない軽さ (2014-02-22 22:00)
 ドイツ電撃作戦 (2012-07-15 21:57)
 ポーランド侵攻 (2012-07-12 22:31)
 足元注意で (2012-07-08 19:41)
 見えない重が欲しくて、見えない重を撃ちまくる (2012-06-21 23:31)

Posted by チェリー2000 at 01:31│Comments(0)ビデオゲーム
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。