2012年04月15日

微拡大か

藤岡弘、だけは死にそうにないなぁと思ったお昼前。
シャッターを開けたとたんパンチが飛んできて面食らう。
15分前からこのチャンスをうかがっていた、というちびっこでした。

15分は大袈裟だと思いますが、もはや待ち伏せされるほどになっているとは予想外でした。

この週末は花見のピークなのか、花見報告がちょこちょこ舞い込んできますが、もちろんそんな予定もなく地道に内職しながらお客を待つ一日です。

現時点では最悪は避けられた感じですが、冷やかしも結構多かった。
冷やかしで終わるということは、今回の勝負には負けたという事で残念には違いないんですが、再戦のチャンスがつながってくれる程度に反応があればまだ終わったわけではありません。
前向きに棚を耕し続けていきましょう。

とりあえず今日の収穫は、新参のちびっこが100均のマンガを買ってくれて、お小遣いを本に使えるタイプだったこと。

同じカテゴリー(古本屋)の記事画像
ゴールド・プラチナム
新春どり祭り
日暮れてしまう、催してしまう
お屠蘇気分か
アドマティック地獄
ビッグウェーブ、光る海につれだして!
同じカテゴリー(古本屋)の記事
 ミスターサマータイム (2019-07-01 21:26)
 短縮営業のお知らせ (2019-06-07 23:11)
 時代を跨ぐ一歩 (2019-04-28 00:55)
 ゴールド・プラチナム (2019-04-17 23:17)
 新春どり祭り (2019-02-14 22:14)
 臨時休業のお知らせ (2018-08-02 22:54)

Posted by チェリー2000 at 20:25│Comments(2)古本屋
この記事へのコメント
チェリー2000さん、こんにちは!お返事遅れてすいません(汗)ホームページにリンク貼らせてもらいました。お店にはちょくちょく遊びに行けませんが、ブログにはちょくちょく遊びに来させてもらおうと思ってます。リンク貼らせてもらってありがとうございました。

「棚を耕す」って言葉、素敵ですね。いつかその耕した本棚、見に行きたいです♪たった100円かもしれないけど、新参のちびっこのその100円はデカいかもしれないですね。大人の自分たちが支払う100円とはきっと重みが違うはず…と思いたいです(笑)
Posted by だいすけ at 2012年04月16日 13:31
昔はけっこうまとまった金額だった印象ですが、100均やらゲーム機なんかのおかげで、100円玉は実際の物価スライドより安っぽい印象になってしまったような気もします。
ちびっ子たちに関しては、おこずかいが切れないタイプもいれば、さっぱり現金に縁のない子もいて印象が平均化しにくいですね。
Posted by チェリー2000チェリー2000 at 2012年04月18日 19:19
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。