2012年05月14日

お座敷小唄

本日は新興会で同人として参加。
〝あわよくば、安ければ〟の思いで入れた札は、期待の淡さに違わず不発に終わる。
最終的に振りで安い口を買って終了。
でも今月は頭に予算を一気に消化してしまうレベルの買いがあったので、おとなしくこっちの在庫で商売できるよう算段していくことにします。

そんな良くある月曜日でしたが、昨日はちょっといつもと違う展開がありました。
ありがちなちびっこ来襲を経て、夕方近くになって突如現れたのは、この店の居抜き情報を知らせてくれた元・光國屋書店Kさんと、ウチの前身である『古本喫茶 伽羅』で働いていたUさんでした。
さらには『伽羅』の店長であったFさんも後で来るとのことで、奇しくも『伽羅』創設メンバーが揃うことに。

いちおう僕も一通り面識のある人たちだし、今現在は僕がオーナーではありますが、居抜きで入ってきた僕に比べ立ち上げの頃を知る三人が揃うと、不思議とこの場所まで含めて若干のアウェイ感を感じなくも無くもない。

結局ここに、さらに三人の知人(この人も会った事はある)が加わって、ちょっとした同窓会場の体をなしてました。

こうなると更にアウェイ感が増し、僕は多少話に加わることもあるも基本、場所を提供するポジションを取ることに。
これが意外と満更でもない居心地。

実は先日も、ちょっとした会合にこの座敷を使ってもらい、この時は更に場所提供に徹したのですが、けっこう悪くない感じでした。
たぶん座敷休憩所をやったらこんな感じになるのでしょう。

ただ、いかに店内の本やDVDを座敷でお茶しながら楽しめるとしても、果たして銭取れるレベルかどうか。
ネカフェと張り合う気は無いですが、利用がなくても今のままで特にデメリットは無いから、とりあえずでやってみても良いのかもしれません。

同じカテゴリー(古本屋)の記事画像
ゴールド・プラチナム
新春どり祭り
日暮れてしまう、催してしまう
お屠蘇気分か
アドマティック地獄
ビッグウェーブ、光る海につれだして!
同じカテゴリー(古本屋)の記事
 ミスターサマータイム (2019-07-01 21:26)
 短縮営業のお知らせ (2019-06-07 23:11)
 時代を跨ぐ一歩 (2019-04-28 00:55)
 ゴールド・プラチナム (2019-04-17 23:17)
 新春どり祭り (2019-02-14 22:14)
 臨時休業のお知らせ (2018-08-02 22:54)

Posted by チェリー2000 at 22:29│Comments(0)古本屋
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。