2012年06月07日

それでも世界は終わらない

お客さんからの情報で、末広書店さんの閉店を知る。

欲望渦まく東通商店街で営業していた古本屋さんで、場所柄かイロ本が充実していたように記憶しております。
あといつもABCラジオがかかっていた印象があります。

いきさつとかは全然存じ上げませんが、このご時勢ですから、どこがどうなっても不思議ではありません。
ウチなんかもうずっと、さっさと店をたたんでしまうべき状況ですし。

続けるもやめるも、それぞれ思うところがあるものなんでしょうね。



同じカテゴリー(古本屋)の記事画像
ゴールド・プラチナム
新春どり祭り
日暮れてしまう、催してしまう
お屠蘇気分か
アドマティック地獄
ビッグウェーブ、光る海につれだして!
同じカテゴリー(古本屋)の記事
 ミスターサマータイム (2019-07-01 21:26)
 短縮営業のお知らせ (2019-06-07 23:11)
 時代を跨ぐ一歩 (2019-04-28 00:55)
 ゴールド・プラチナム (2019-04-17 23:17)
 新春どり祭り (2019-02-14 22:14)
 臨時休業のお知らせ (2018-08-02 22:54)

Posted by チェリー2000 at 23:39│Comments(4)古本屋
この記事へのコメント
えっ!?末広書店さんが閉店ですか…2回行きましたが、2回目は様子が変わっていましたね。
もう、イロ本とかの形のある物の時代じゃなくて、ネットに移ったのかも知れません。
欲望も形を変えるんですかねぇ~。
Posted by あしたのサイキッカー at 2012年06月08日 11:58
あの界隈はまだまだアナログ派の無頼漢が生息してそうですけど、どうなんでしょうかね。
まあでも本よりイロ動画の時代なのは確かでしょうね。
その点では並びの買取りMAXの存在が大きかったのでしょうか。
なんにしても市に放出品が沢山でそうです。
Posted by チェリー2000チェリー2000 at 2012年06月09日 00:58
実は、末広書店の続きで、買い取りMAXにも2回行きましたが、“濃さ”が違う(というより、グッズが実践的?)…さすがに、コスプレ・ルームに上るエレベーターに乗る勇気はありませんでしたねぇ~(笑)。
末広書店は、マニアっぽいお客さんで、買い取りMAXは出張ついでに(いや、主目的かな?)…というお客さん筋でしたね。(何を観察してるンだか…。)
いずれにしても、「泉の広場」辺りから続くヨドンだ欲望の空気が地上に出て、この商店街を覆っているのは間違いありません。(嫌いではありませんけどね。)
末広書店の後に何が出来るか…も興味津々ですね。
Posted by あしたのサイキッカー at 2012年06月09日 05:18
なんだかんだであの辺は家賃高そうなので、このご時勢そう安々と次の店子が見つかるかどうか、といった所だと思いますが、あっさり風俗店になったりするかも知れませんね。
しかし新御堂挟んだ対面のゲーセンも閉店してましたが、未だに変化ありませんから東通りも徐々に寂れてしまうのかも…そうなったらよりアンダーグラウンドな商売が出てきそうで怖いですね。
Posted by チェリー2000チェリー2000 at 2012年06月09日 22:39
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。