2012年06月09日

うずまき

末広書店が長い歴史の幕を引いた東通商店街ですが、この間はじめたばかりのミックスジュース屋もひっそりと閉店してました。
いくらなんでも早すぎるだろうと思ったら、入れ替わりでホルモン焼きらしき店に変わってました。

正直ミックスジュース屋はどうかと思ったものですが、立ち飲みで串焼きなら場所柄といい、単価の高さといい、あの敷地面積からしたらかなりいい商売になるだろうと思われます。

純粋に銭のことだけを考えれば、手堅い選択とダメそうなのがありますが、古本屋は如何にもダメそうですし実際ダメです。
それでも始める人がいるのは、やっぱりパンのみに生きれない人の性なんでしょうね。

そんな深い業を微塵も感じさせないゆる本屋ぷれこぐ堂、本日土曜にて正午より営業してました。
途中、激しい雨に見舞われましたが、そこそこ客足はあったので、ここ最近のように開け損って事はありませんでした。

これから梅雨に入りますから、雨が多くなると客商売はただでさえ辛いところですが、加えて紙モノ商売には大変インケツな事になります。
日毎増す湿度からくるくせっ毛のうねりに、禍々しい輪廻の因縁を感じつつ、街も季節も日々も繰り返しの螺旋上にあるのだなぁ、としみじみ思いながら去年の同月売上をチラ見し、これは繰り返すまじと思うこの頃です。

同じカテゴリー(古本屋)の記事画像
ゴールド・プラチナム
新春どり祭り
日暮れてしまう、催してしまう
お屠蘇気分か
アドマティック地獄
ビッグウェーブ、光る海につれだして!
同じカテゴリー(古本屋)の記事
 ミスターサマータイム (2019-07-01 21:26)
 短縮営業のお知らせ (2019-06-07 23:11)
 時代を跨ぐ一歩 (2019-04-28 00:55)
 ゴールド・プラチナム (2019-04-17 23:17)
 新春どり祭り (2019-02-14 22:14)
 臨時休業のお知らせ (2018-08-02 22:54)

Posted by チェリー2000 at 22:27│Comments(0)古本屋
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。