2013年01月20日

白い炎

日曜なので12時より営業中。

ぼちぼちと在庫整理と棚の入れ替えを並行して行っております。
市会やらでの仕入れより、持ち込みの買取から商材を得ている感じが強まっている最近、使えそうなところを抜きながら中途半端に残った中途半端な感じの本の処理をどうするか、どのタイミングでやるかを思案しております。
置き場所の限度がタイトなので、あまり猶予はありません。

また、使えそうなところも店頭に出すかオクに出すかが微妙なラインの物もあったりして、「これは微妙だな、よし、後で全体を見て決めよう!」と聞いたふうな事をうそぶいて、けっきょく大山を小山に広げてならしてるだけだったりする事も、問題を大きくしてるように思えます。
最悪「これは個人的に読みたいからちょっとステイで!」が積み上がって来てたりもします。

現状、悩んでるのがこの間仕入れた学習絵本の扱い。

近頃では絵本は売れても、小学生向きの児童書っていうのは大きな書店でも扱いが少なくなってるそうです。
たしかに未就学児童と違い学校にも本はあるだろうし、地域の図書館を利用することも出来るから、家計の厳しいなか小学生に本を買い与える必然は少ないのかもしれません。

でも買って読む本っていうのは格別だったりするので、そういう読書体験もあって欲しい気もするし、本じたい結構いい味出してて店頭に欲しい気もします。
白い炎
中から一冊
「わたしのけんこうノート」

先生!あきらかにウンコ我慢してる、もしくは既に絶望の谷を下った子がいます!
〝色をなくす〟とはこういう事か。

隣の子はゲロってすっきりといった感じでしょうか。

多くの示唆に富んだ本には、ゆっくり付き合って頂きたいものですが、ゆっくり売ってられない商売の事情との板挟みですなぁ。

同じカテゴリー(古本屋)の記事画像
ゴールド・プラチナム
新春どり祭り
日暮れてしまう、催してしまう
お屠蘇気分か
アドマティック地獄
ビッグウェーブ、光る海につれだして!
同じカテゴリー(古本屋)の記事
 ミスターサマータイム (2019-07-01 21:26)
 短縮営業のお知らせ (2019-06-07 23:11)
 時代を跨ぐ一歩 (2019-04-28 00:55)
 ゴールド・プラチナム (2019-04-17 23:17)
 新春どり祭り (2019-02-14 22:14)
 臨時休業のお知らせ (2018-08-02 22:54)

Posted by チェリー2000 at 22:29│Comments(0)古本屋
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。