2012年08月29日

悪魔に魂を売りわたした 男たちの砦……

日中の暑さには変わらず閉口するものの、八月ももう終わり。
ちびっ子たちも夏休みが終わろうとしており、宿題も片付いてグダグダ気味の模様。
読書感想文に「ヘレン・ケラー」を読んだというちびっこに、「伝記ものを読んだんだ」と言ったら「ヘレン・ケラー、電気はエジソン」と返されて、ああ、この子は宿題の為に読んだだけで、本を読むのを好きにはならないだろうな、とふと思う。

まあ中学に上がったあたりで、また変わるかも知れませんけど。

昨今の若人は、ある事に飽きて無い事に向かっていくのが流行っているとかで、様々な事柄に対する興味を捨て「~離れ」のバリエーションを広げることに余念がないそうなんですが、確かにちびっ子たちは物質面・金銭面ではかなり満たされているように思われ、ひと月あたりの可処分所得はどうも僕より高いように感じます。

しかし、ちびっこの頃から金銭によってテンション上げることに慣れてしまっていては、もう何年かしたら、小遣いでは足りなくなること請け合いなので、苦労するんじゃないかなぁと余計な気を回すオッサン気質を発揮してしまうのでした。


さて、そんな灼熱のエリア88送りにされた為に汗をあまりかかなくなった風間真よろしく、貧乏こじらせて銭をかけて遊べないことに苦を感じなくなってしまった僕は、最低限の稼ぎで最大限の時間を手に入れて遊ぶのが目標の常であります。
普通のオッサンなら、最大限稼いでセミリタイアという安定との両立を考えるのでしょうが、そんなまっとうな人間が古本屋をやることはまずありません。
ややこしい浮世と手を切って、我がの主義に従って生きるために立て篭った場所が古本屋ってものです。

とりあえず旧作50円で借りた「マイティジャック」全話を見る時間が欲しい、そんな月末。
気は回しても説教はしない、というか出来ない自覚のあるオッサンでしたとさ。

同じカテゴリー(よもやま!)の記事画像
ようこそここへ、遊ぼうよパラダイス
シェリー
夏なんていらねえよ、夏
繋がれざる者
悲しい知恵がまたひとつ
マンマミーヤ、マルミーヤ
同じカテゴリー(よもやま!)の記事
 ようこそここへ、遊ぼうよパラダイス (2019-05-04 00:03)
 牛を忘れた牛小屋 (2018-12-18 22:30)
 2025年の挑戦 (2018-11-30 19:22)
 ブルースは加速していく (2018-09-19 21:44)
 シェリー (2018-08-07 16:15)
 夏なんていらねえよ、夏 (2018-07-22 06:39)

Posted by チェリー2000 at 00:30│Comments(2)よもやま!
この記事へのコメント
こんにちは。相変わらず毎回楽しい記事ですね^^それにしてもちびっ子すごいですね。自分は小学生の頃「ジョン万次郎の冒険」をほんとに数ページしか読まずに読書感想文を書いた経験があります(笑)そんな子供でしたが…今は本が大好きです。宿題のために本を読める子ならきっとまた本を読んでくれますよ♪

でも最近の子供のなんでも手軽に遊べる、見たり聴けるって状況はおっさんのおせっかいですが、かわいそうだなと思ったりします。今の状況で無理やり苦労しようと思ってできることじゃありませんが…
Posted by だいすけ at 2012年08月29日 13:40
いらっしゃいませ。
相変わらずという点には同意させていただきます。
僕はあとがきをアレンジする典型的なチーターでした。

なんでもそうなんですが、外に刺激を求めていくと割合すぐに限界が来てしまうように思うのです。
だから自分の中の、面白い自分を見つけて生涯の友に出来れば、きっとずっと幸福に近いのじゃないか、と期待してしまうのですが、子供を知識に導くことは出来ても、考えさせることは困難だというハインラインと同じ壁にぶつかって、とりあえずジョン・レノン級にピースフルな眼差しで見守っていようと思う次第なのです。
Posted by チェリー2000チェリー2000 at 2012年08月29日 23:29
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。