2013年04月12日

なんでも大百科 どり蔵のひみつ

あれこれと用事があってウロウロ。
半端な案件を切り捨てていくと結果的には時間が余って余裕の開店。

来週は全古書連大市の手伝いがあるし、すぐあとに四天王寺古本まつりもありますので、しばらく開店時間が少し遅くなる事がありそうです。


しばらく出来なかったヤフオク出品の準備をぼちぼちやってると携帯が鳴る。
近所のちびっ子からでした。
何事かと思って出てみると「どり見つけた!」との事。

「いや、もう帰ってるよ」

「ええーー!!! …プッ」

なんでブツ切りなのか。
まあ気に留ててくれたんだから有難いことには違いありませんが。


今回の騒ぎで広く拡散していただき、どり蔵のことをよく知らない人も結構おられると思うので、簡単に紹介しておきましょう。

発端は居抜きで入ったこの物件では、すでにネズミとの抗争が起こっておりました。
ネズミが簡単には人間の手に負えない敵であることを以前の経験で知っていた僕は、もともと好きだったしと生物兵器としてネコの導入を立案。
当初、黒ネコを所望していたので、条件にあうネコを探した結果、神戸のしかもけっこう山の方の里親ボランティアに行き着く。

しかしその後、黒猫から双子のハチワレ(名前はジュンとネネでした)の片割れを経て、遠く淡路島で保護されていたキジトラが出てきて、これも巡り合わせかと決めたのがどり蔵でした。

名前は昔飼ってた「カンちゃん」を襲名させようと思いましたが、里親ボランティアの人の反応が芳しくなかったのと、死んだ猫の名前はあんまり感じ良くないかと思い直し、元NWA世界ヘビー級チャンピオンのドリー・ファンク・ジュニアからいただき「どり」と命名。
ちなみに前のカンちゃんは猪木寛至からいただきました。
なんでも大百科 どり蔵のひみつ←ドリー・ファンク・ジュニア


しかし立派なレスラーになる願い虚しくあまりのへなちょこぶりに「お前なんかどり蔵で十分だ!」となり今に至る。


どり蔵の踵がハゲてるのは若ハゲを引き継いだのかも知れません。

同じカテゴリー()の記事画像
新春どり祭り
猫の日だから
ねた
中津アルカトラズ
納涼どり祭り
納涼どり祭り
同じカテゴリー()の記事
 新春どり祭り (2019-02-14 22:14)
 猫の日だから (2015-02-23 00:00)
 ねた (2014-08-04 23:18)
 中津アルカトラズ (2014-07-19 01:09)
 ミッドナイト・クロス (2014-06-19 19:27)
 カガクで幸福 (2014-04-10 20:29)

Posted by チェリー2000 at 21:09│Comments(4)
この記事へのコメント
北海道の古本屋さんも心配しておられましたから、どり蔵は全国的になったかも知れませんね。
それはそうと、「白い悪魔」の呪いはついに相方まで及んだのでしょうか?それとも、今までよくもってたのでしょうか?
Posted by あしたのサイキッカー at 2013年04月13日 00:28
どりちゃんは今まで会った猫たちの中で、上ランクの賢くてかわいい猫ちゃんですよ!
みんなのアイドルだから、ねずみ取り猫じゃないもんね・・・
そのままのどりちゃんで、お店にずっと居てね。

今朝の地震の数十分前、うちの猫は、変な声で鳴いていました。
どりちゃんはの様子は、どうでしたか?
Posted by sakitamaの母 at 2013年04月13日 12:39
>あしたのサイキッカーさま

僕はもちろん白の呪いだと思っています。
絶望的なのは、けっこう綺麗に解散した雰囲気なので、これで黒の厄災が終わるわけではなさそうな所でしょうか。
ドロドロで終わってれば復帰の芽もありそうなんですが。

次は駿河学氏でしょうかね…。
Posted by チェリー2000チェリー2000 at 2013年04月15日 23:09
>sakitamaの母さま

たしかにどり蔵はネズミ捕り猫ではないですね。
いまだかつて一匹たりともネズミを捕ったことないので。
まあ実際に捕ってこられても処理に困るし、案山子として十分に役立ってるので結果的にはベストなんですけど。

僕は寝るときは上の部屋なので、地震の時のどり蔵がどうだったかはちょっとわからないですね。
Posted by チェリー2000チェリー2000 at 2013年04月15日 23:17
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。