2013年10月10日

前夜祭

四天王寺古本まつりの設営に朝から出動。

朝こそ涼しくて、幼稚園バスに併走しながら回収される園児たち各々のリアクションを楽しむ余裕もありましたが、昼前には佐藤B作ばりに〝あちちだ~ッ!〟と叫びたくなる陽気に。

ところで四天王寺の客層はだいたいアラフィフ以上の男性客が多い。
ウチの主な客層はもっと若く、どちらかと言えば女性比率が高いのですが、何人かはおっちゃんの常連客が居て、大抵この年代の人は歴史ものやノンフィクションを好まれ、あまり興味の無いウンチクを披露したがります。

僕は実話系は読み物だと犯罪とか陰謀などの鬱ネタが多く、映像だとテレビのドキュメンタリーをわりと何でも見る事が多いのですが、先日見た「7年ごとの記録」日本編に出てた歌舞伎役者の子が元AKBの前田さんと付き合っててちょっと笑いました。

彼のお父ちゃんは外様で歌舞伎界に入り、苦心の末にわりと良い役を貰えるまでになったけれど、やっぱり出世が遅かったのでどちらかというと名脇役的な位置づけだったそうなんですが、二代目の彼はその点で恵まれているものの重圧もあり、中学生くらいの頃は普通の役者のほうが興味あるなんて言ってたけれど、現在はプレッシャーをバネに必死に前に進む努力をしている、という話でした。
なんて言いながらも、売れっ子アイドルと〝あちちだ~ッ!!〟状態なんざ二代目にしてしっかり梨園の色に染まってるようですなぁ。




一日の更新に天丼とはいえ二回も佐藤B作のギャグが飛び出す21世紀離れした古本屋ぷれこぐ堂は、利益からも遥かイスカンダル並みに遠く離れているため明日からバイト週間に入ります。
なるべく営業しますが土日月は三連休が予定しておりますのでひとつよしなに。

古本まつりには会期中出張ってますので、お出掛けついでに本部を覗いていただければ青息吐息のシケた面でお愛想のひとつも言えると思います。

同じカテゴリー(古本屋)の記事画像
ゴールド・プラチナム
新春どり祭り
日暮れてしまう、催してしまう
お屠蘇気分か
アドマティック地獄
ビッグウェーブ、光る海につれだして!
同じカテゴリー(古本屋)の記事
 ミスターサマータイム (2019-07-01 21:26)
 短縮営業のお知らせ (2019-06-07 23:11)
 時代を跨ぐ一歩 (2019-04-28 00:55)
 ゴールド・プラチナム (2019-04-17 23:17)
 新春どり祭り (2019-02-14 22:14)
 臨時休業のお知らせ (2018-08-02 22:54)

Posted by チェリー2000 at 22:53│Comments(0)古本屋
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。