2014年01月29日

言いたい事もいえないこんな世の中じゃ

最近は暇があるとネットで「サウスパーク」を見ています。

その昔ブームになったアメリカのアニメで、その頃に日本でもケーブルテレビでやってたのを見てたんですが、こちらではあまり人気が出なかったようで、いつの間にか終わってました。
しかし本国ではいまだ続いていて、有志による字幕つきでネット上で見れるようになっています。

「サウスパーク」は良識派が天地茂のモノマネかと思うくらい眉をひそめるだろう過激な表現の風刺コメディで、しばしば実在の人物や団体を手ひどくおちょくったりしていて、よく今まで続けられるなと思うくらいハチャメチャです。

本当になんでこれが問題なく放送されてるのかと疑問に思って理由を考えてみたんですが、やっぱり大きな理由は〝ケーブルテレビだから〟じゃないかと。

金払って好きなチャンネルを契約して見てる人たちは、そういうのを承知して受け入れられる人であることが多いのでしょう。
らっきょう嫌いな人がスーパーでらっきょう売ってたからって、わざわざ買って文句言う人はいないし、そんな人は放っておいても誰もなんとも思わないという理屈じゃないかなと。

ゾーニングと選択権が明確だから自己責任論が通る、ゆえに「見たくなければ見なければいい」も通用する訳でしょう。


ひるがえって日本のテレビ・ラジオは無料。
ケーブルテレビもあるしラジオも有料配信みたいなのはありますが、あくまでマイナーな知る人ぞ知るレベルで、僕も含めほとんどの人は垂れ流しの電波乞食やってる訳です。
そしてしばしばタダの物に対して文句つけだしたりします。

個人的には貰い馬の歯は見ない主義なので、その範囲内での「見たくなければ見なければいい」を実行しているのですが、世の中にはそれでは納得いかない人も居るようです。

たしかに誰でも見れる物だけに、場合によっては悪い影響を受けかねない層の目に入ってしまうケースも無い訳ではないでしょう。
そういう慎重論もわからなくは無いのですが、やはり普通はそんなにテレビを鵜呑みにして影響される人は少数派じゃないかと思うのですがいかがなものか。

日本で有料チャンネルはいまさら定着しにくいでしょうから、ゾーニングで表現の多様性を守るしかないかもしれません。
映画とかゲームとかでもそうですが、テレビもせっかくデジタル放送になったんだから、番組ごとに年齢制限とか付けてコントロールしたらいいんじゃないか。
大人はドラマは面白おかしい作り事とわかってるもので、大映ドラマ見て〝あれは嘘だ!悪影響!〟とか言ってたら失笑買うのが普通だと思ってたんですが、いまの世の中そうでも無くなってきてるんですかね。

芦田愛菜ちゃんが「Okay you cunts」とか言い放つような映画は出来ないだろうな、と「キックアス」を見ながら思いましたとさ。

同じカテゴリー(テレビ)の記事画像
テレビくん
女子力UP!メガ・ヴィクセン
ジャングルぐるぐる
NHKの抜け穴
同じカテゴリー(テレビ)の記事
 テレビくん (2014-09-17 19:45)
 ドラマチック・レイン (2013-08-06 18:21)
 超人戦隊パラタック (2012-08-30 22:26)
 朝まで酒焼け声 (2012-02-25 21:28)
 女子力UP!メガ・ヴィクセン (2011-12-15 22:31)
 ジャングルぐるぐる (2011-11-05 15:36)

Posted by チェリー2000 at 20:18│Comments(2)テレビ
この記事へのコメント
NHKは、ほぼ強制的にお金を取って、たれ流し放送していますよね。
ひどい話です。

「明日ママがいない」は、初回からずっとみています。
芦田愛菜ちゃんの演技は最高です!
確かに過激なセリフもありますが、感動で涙するところもあり、ひとつの作品として、私はとらえています。
関連している立場の人は、傷つく気持ちもわかりますが、関係ない人まで,日頃のうっぷんをはらすかのように、やいやい言うのもどうなのかと思います。
Posted by sakitamaの母 at 2014年02月02日 17:57
だんだん世の中が揚げ足取り体質になってる気はしますね。
NHKは実質国営だから、受信料がダメってことになると税金取るのもダメになるので文句言わない約束でしょうね。
僕はNHKの視聴者置き去りの番組作りは嫌いじゃないですよ。
Posted by チェリー2000チェリー2000 at 2014年02月05日 22:37
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。