2014年02月28日

グッデイ・グッバイ

〝本を処分したい〟との依頼を受け、本来は出張買取しない当店ですが、近場で持ってくるには厳しい事情があるならばと了承。
ダンボール5つ分という事なので近いけど運搬車を引っ張り出す事に。
いざ行ってみると引越し屋が入ってて、どうやらその為に不要な本を処分してしまおうという事らしい。

〝大きなゴミは出した、着ない服は誰に譲るか、本とレコードを売り、前祝を始めよう〟

とオヤジさんが思ってたかどうかは知れませんが、おおむね段取り済みで綺麗に片付きつつある部屋は清々しくもあり、わずかに寂しさを湛えていました。

そんな感慨も瞬く間に流れ去り、自分の仕事の段取りを立てる。
無理しても仕様がないし近場でもあるので、安全第一で二回に分けてピストン輸送。
正直、ダンボールに入れなきゃ大したカサじゃなかったし、中身はそんなにウチ向けの本も少なかったし、そのうえけっこうな量の角折り&書き込みで使えるものが少なかったのですが、一部にちょっと毛並みの良さそうなのがあったので、まあ無駄じゃなかったかなと。

帰ってくる途中にも引越し屋のトラックが停まっていて、ウチの店の前で荷物を詰め込んでいました。
丁字路で少し道幅に余裕があるせいか、ウチの前にトラックを停めたがる業者が非常に多いのです。

〝あ、すいません〟とは言ってくれるけれど、まず動かそうとする人は居ないのですが、営業中とかでなければ僕も別に気にしてません。

何だかんだで2月も終わり、新生活に向けての引越しがある季節なんだな、〝引越しのシーズン、それが買取のリーズン〟と駄ジャラップ風フレーズで得心。

その後も買取やら引き取りやらが立て続けに来てちょっと荷物があふれており、間の悪いことに週末で処分がかけれないので、週明けまでこの状態が続きそうです。
たったこれぽちの荷物でアップアップなので、実際この物件は本屋に向いてないな、とこれまた得心した日でした。

やっぱり移転しようかなぁ。


Posted by チェリー2000 at 23:32│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。