2014年04月10日

カガクで幸福

ウチでは新聞を取ってないため普段目にすることはないのですが、実家で新聞を見たときに四コマ漫画が無かった。

たまたま休載だったのか、もういらんやろと思ったのか、あるいは新聞によってはハナから無かったのかもしれない。
そういえば日経新聞とかスポーツ紙なんかには四コマ漫画のイメージは無いんですが、実際のところどうなんでしょうか。
付き合いでちょっとだけ取ってた聖教新聞にはあった気がしますが。

実家暮らしのころにあった四コマ漫画は「コボちゃん」と「サンワリくん」だったと記憶しますが、「コボちゃん」の作者、植田まさし氏は仕事を減らしたいために原稿料をふっかけまくった挙句、四コマ一本数十万円にまで達したという都市伝説がありましたが、実際のところどうなんでしょうか。
まあ今は「オボちゃん」のオチがどうなるかの方が気になる訳ですが。

太陽で黄金な感じの法則ではなく、純然たるサイエンスに結果を保証してもらえることを期待しております。


さて、理研といえば「ふえるわかめちゃん」ですが、この時期増えるといえば恒例のどり蔵の換毛期問題に腐心させられております。
シャンプーでもすればマシなんでしょうが、なにぶん人の入る風呂も無いここにおいてはそれは望めません。

そこでふと思い至ったのが猫用の水を使わないシャンプー的な物が無いものかということ。
調べてみたらやっぱりありました。

とりあえず簡単そうなシャンプータオルなるものを試してみる事に。

まず気になるのは当然なめても大丈夫なんだろうな、という点ですが、もちろん大丈夫と書いてあります。
つまり成分は食品衛生法に適った添加物で作りました、という事でしょう。
ちなみに台所用中性洗剤もほとんどは同様の代物なので、洗剤舐めても大丈夫って言われてもやっぱイヤだなあと思う訳なんですが、そこはいちおう口に入る前提のものという事で自分を納得させて使用してみる事に。

床で転がってつけた埃や細かい毛がふき取れるのは良い感じですが、しっとりしてしまうのでちょっと迷惑そうな顔しております。

まあ基本はブラッシングと掃除しかないようです。
レポートうんぬんとうるさいこと言わないから、この辺にも画期的な新技術いただけないものでしょうか。

同じカテゴリー()の記事画像
新春どり祭り
猫の日だから
ねた
中津アルカトラズ
納涼どり祭り
納涼どり祭り
同じカテゴリー()の記事
 新春どり祭り (2019-02-14 22:14)
 猫の日だから (2015-02-23 00:00)
 ねた (2014-08-04 23:18)
 中津アルカトラズ (2014-07-19 01:09)
 ミッドナイト・クロス (2014-06-19 19:27)
 納涼どり祭り (2013-10-03 23:13)

Posted by チェリー2000 at 20:29│Comments(3)
この記事へのコメント
どりちゃんて「つるん」とした毛並みで抜け毛が少なそうな印象なので、たくさん抜けると聞いて意外です(^_^)
ドライタオルなるものがあるのですね!うちの猫はドライシャンプー的な毛づくろい用ムースを付けて、毛取りブラシでといてます。シルクなんとか配合との事で使用後の毛はサラサラ+しっとりに。
どりちゃん迷惑顔ですか(笑)
画期的な毛取り方法が発明されると良いですよね。
Posted by Q at 2014年04月23日 05:10
すみません、「シャンプータオルなるものが…」と言いたかったのに間違えました。
Posted by Q at 2014年04月23日 05:12
メインはエチケットブラシなんですが、きりが無いのでちょっとウェッティな方が良いんじゃないかなと思ったのです。
でもシャンプータオルは概ね普通のペーパータオルなので効果の程はそこまででもないかも知れません。
臭いはわりと無臭っぽくなります。
ムースも良さそうですね。
Posted by チェリー2000チェリー2000 at 2014年05月01日 20:04
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。