2014年08月04日

ねた

暑さは変わらずですが、なんとなく日が短くなっている気がするこの頃。
秋は遠いといえども季節は密かに進んで行っているのですね。

そんな差しさわりの無い気候の話題で、お茶を濁す必要も無いほど来客のない日々が続いておりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

たまにステキな来訪者があった時などは、泣いた赤鬼の如くいそいそもてなしたり、何気に引き止めるような話題のフリかたをしているような自分に気付くこともあれど、さりとて孤独が堪えるタイプでもないので日々はそれなりに穏やかに過ごせる僕ですが、どり蔵は戸口に密着して何かを待っているかのように振舞うことがあります。

傍目にはシャバに出たくて戸が開けられるのを待っているように見えるので、しばしばお客さんから開けても良いのか訊ねられてしまう事もありますが、猫押しのけて普通に出てもらえば大丈夫ですよ、と言っても割と信じてもらえません。
なかには〝ホントに開けますよ!ホントに!〟とちょいキレされた人もいました。
そして大抵はそっと戸を開けて猫を押しのけず、躊躇しながら跨ごうとして結果的に長々と戸を開けた状態ができてかえって危険な状態になり、〝ホントは警告した手前、ちょっと逃げたらいいと思ってないか?〟と、うがって考えてしまう事も無くもありません。

もはや日常となったそんな光景でしたが、ある日低いシャッターをくぐった際にどり蔵の目線がキョロキョロ動いている事に気が付く。
あきらかに何かが見えているようなので、屈み込んで目線を合わせてみればあら不思議、実は板と枠の間にわずかな隙間があって、そこから外を見ていたことが判明。

猫の視力は人間の想像を超えるレベルのものがあり、何も無い空中を凝視してたりすると人の目に見えない何かを見てると言い出す人もいますが、あれも大体は小さい羽虫が部屋の隅っこに居たりするものです。

相手の立場に立ってみる、目線を変えるというのは大事だな、という話。

ねた



同じカテゴリー()の記事画像
新春どり祭り
猫の日だから
中津アルカトラズ
納涼どり祭り
納涼どり祭り
梅雨のどり祭り
同じカテゴリー()の記事
 新春どり祭り (2019-02-14 22:14)
 猫の日だから (2015-02-23 00:00)
 中津アルカトラズ (2014-07-19 01:09)
 ミッドナイト・クロス (2014-06-19 19:27)
 カガクで幸福 (2014-04-10 20:29)
 納涼どり祭り (2013-10-03 23:13)

Posted by チェリー2000 at 23:18│Comments(4)
この記事へのコメント
猫のいる風景っていいですね~(^^)
Posted by Q at 2014年08月06日 17:16
そこに居る、それだけの事が特別であることに気付くのは、たいてい失ってからだったりしますね。

日々に感謝したいものです。
Posted by チェリー2000チェリー2000 at 2014年08月12日 19:48
同感です!
Posted by Q at 2014年08月13日 17:32
平凡は金ですな
Posted by チェリー2000チェリー2000 at 2014年08月15日 20:43
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。