2014年08月28日

昔の名前で出ています

米倉 斉加年が亡くなったそうです。
僕はこの人のことを最初、〝まさかね〟でなく〝さかとし〟と読んでしまい、それ以来いったん〝さかとし〟が頭に浮かんでから修正する必要ができてしまいました。
これは他に開高健を〝けん〟から〝たけし〟へ変換するのと同様であり、さらには小林源文を〝げんぶん〟から〝もとふみ〟に修正してから敢えて〝げんぶん〟に変換する発展系を生み出し、そのせいで自分でも良くわからなくなって〝あれ、さかとし?まさかね?〟とどっちが正解か迷う罠にはまってしまうのです。

金田伊功にいたってはいまだに〝よしのり〟とは読めません。

名前の読み方というのは難しいもので、どり蔵もしばしば〝ぐり〟とか〝のり〟と間違えられるのですが、そんなどり蔵が雑誌に載ってます。
「歌謡アリーナ」という雑誌で猫のいる店を紹介しているコーナーで、歌手の門倉有希さんが来られました。
昔の名前で出ています

門倉さんは名前は知ってたので、たぶん歌もラジオで聞いたことがあるはずです。
というか昨日の「ミュージックナビ」でかかってました。

雑誌自体はまったく知らなかったのですが、発行元が夢グループと書いてある。
これはどこかで聞いたことがあったので記憶を探ったところ、江藤愛の声で再生されたことからさらに検索をかけたら「チェリッシュうたものがたり」の提供読みで聞いたことがありました。

なるほど、あのカラオケマイクのメーカーか。

きわめてトラッカー向け放送の香り漂う雑誌の傾向上、ウチの店の客層とは被らないことは容易に想像できましたが、なにしろカラオケのランキングに世間的に知られてない、いわゆる〝課題曲〟が入るというサイレントマジョリティぶりで知られる演歌・歌謡シーンの層の厚さは侮れません。

なにかしらのリアクションがあるんじゃないかと思ったら、門倉有希ファンと名乗る人がさっそくご来店されました。

雑誌に載っていたのでどり蔵を見に来られた様子でした。
ただ最後まで〝ごり〟と呼ばれてましたが。

うーん、これは僕の滑舌の問題だろうか。



28日の木曜は野暮用で臨時休業にしますのであしからず。

同じカテゴリー(よもやま!)の記事画像
ようこそここへ、遊ぼうよパラダイス
シェリー
夏なんていらねえよ、夏
繋がれざる者
悲しい知恵がまたひとつ
マンマミーヤ、マルミーヤ
同じカテゴリー(よもやま!)の記事
 ようこそここへ、遊ぼうよパラダイス (2019-05-04 00:03)
 牛を忘れた牛小屋 (2018-12-18 22:30)
 2025年の挑戦 (2018-11-30 19:22)
 ブルースは加速していく (2018-09-19 21:44)
 シェリー (2018-08-07 16:15)
 夏なんていらねえよ、夏 (2018-07-22 06:39)

Posted by チェリー2000 at 01:15│Comments(0)よもやま!
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。