2014年09月05日

卒業できない声もある

どういう訳かこのところすっかり夏模様が鳴りを潜めてしまいました。
セミも鳴かないし、電気使用量は前年比一割ていど少なく済みました。

そしてラジオからはちょっと早めの森山直太郎「夏の終わり」が流れ始めます。

この間まで大黒麻紀「夏が来る」が流れていた事を思えば、なんだかんだいっても日本の夏はそんなに長くはないなと、さりとて去り行く夏を惜しむ気にはまるでならず。
11月くらいになれば槇原敬之「冬がはじまるよ」が流れるでしょうが、秋の定番てなんだったか。
トワエモア「誰もいない海」あたりでしょうか。
ちと古いか。

まあこうした時節柄選曲というのは、あまり流行り廃れに関わることなく時期が来れば10年一日が如く巡り聴くものですね。


PCのスピーカーがダメになってしまったのをきっかけに、いよいよXPを卒業するかどうかの選択を迫られていましたが、ふとUSBでスピーカーってありそうじゃないかと思い立ち、調べてみるとありましたUSBスピーカー。

場所も電源もあらためて確保する必要もなく、修理の面倒を回避できて値段もそう高くは無いUSBスピーカー。
これはおあつらえ向きだと例によってアマゾンで商品バリエーションやレビューなんか見て、だいたいの目星を付けてからヨドバシに買いに行くことに。
ヨドバシにそれそのものが無くても、似たようなものが同価格帯であれば、まあ問題なし。

けっきょくジャストな品は無く次点の品があったけれど、まったく別の500円ほど安いヤツを発見。
ただ、狙ってたヤツはUSBで電源音源ダブル供給なのに対し、この安物は音はステレオプラグから取らねばならないので配線増えてちょっと嫌。

まあでもそれ以外の性能は特に見劣りしないし、クリップで固定できるのが気に入ったのでそっちにしてみました。

実際に装着してみると案の定、配線のゴチャゴチャ感がちょっと嫌。
他にクリップの力が弱めというか、グリップ材のウレタンがあまり粘らないので固定が結構甘くプラプラしてしまうのがちょっと残念。

音量は本体とスピーカー側でいじれるようになったので、場合によってはかなりの音量が出せるようになり、動画なんかで音源のボリュームが小さいときなんかには重宝しそう。
音質もステレオプラグ経由とはいえ内臓スピーカーに比べれば格段に向上している。

ような気がする。



僕は個人的に利用する機会は少なそうですが、USB出力端子があればどこでも使えるというのは使い勝手が良さそうなアイテムですね。

とりあえず2000円足らずで問題を解決できたので、これはこれで良し。

こうして当面XP留年が決まった訳ですが、サポートの無いわりにまだまだ使用者の多いXPは今後クラッカーたちの格好の的になる事は想像に難くありませんので、いちおう引き続き乗り換えを検討しようと思ってます。


いつまでも変わらず繰り返されていると思っていた時節柄選曲も、あらたな定番曲が現れる事でいつしか更新されていくように、アップデートされなくなったOSにいつまでも甘んじは居れないというわけなのでした。

同じカテゴリー(よもやま!)の記事画像
ようこそここへ、遊ぼうよパラダイス
シェリー
夏なんていらねえよ、夏
繋がれざる者
悲しい知恵がまたひとつ
マンマミーヤ、マルミーヤ
同じカテゴリー(よもやま!)の記事
 ようこそここへ、遊ぼうよパラダイス (2019-05-04 00:03)
 牛を忘れた牛小屋 (2018-12-18 22:30)
 2025年の挑戦 (2018-11-30 19:22)
 ブルースは加速していく (2018-09-19 21:44)
 シェリー (2018-08-07 16:15)
 夏なんていらねえよ、夏 (2018-07-22 06:39)

Posted by チェリー2000 at 21:18│Comments(0)よもやま!
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。