2015年12月23日

あなたの知らない世界

血も凍る真冬の夜

誰もが安らかに寝静まるころ

この世ならざる異界の御子の誕生を祝い

子供たちを快楽の世界へ堕落させる道具をたずさえ

全身を血のように赤いコートに包んだ怪爺が訪れるという…


そんな伝説が残る日、クリスマスが近付いていたことに、つい今しがた気づいた僕です。

海外ではこうした冬の怪談を目にすることもよくありますが、日本ではやはり夏の風物詩だけあって、話自体も冬設定は少ないように思います。
そんな常識にとらわれず年中怪談をリリースする番組がラジオ関西「怪談ラヂオ~怖い水曜日」。

メインの木原浩勝はじめアシスタントの二人もボソボソ喋りで、前で耳をそばだててるような臨場感があり、ジングルも含めわりとしっかり怖い番組づくりになっているので、小学生なら夜中に聴いてトイレに行けなくて布団に冒険地図を描いたちびっこコロンブスが、翌朝ママの検閲というリアルな恐怖を体験する羽目になるかもしれません。

ラジ関は以前「伝説探偵団」という都市伝説系番組がやってたりしましたが、怪談枠でもあるんでしょうか。


それでは締めに僕からも冬の怪談をひとつ。

クリスマスに一人でいるのが肩身狭い?
でもあなた、その前の日も、その後の日もひとりじゃないですか

暖かい人の情けも、胸を打つ熱い涙も知らず
ずっと

かわりに寂しさも知らない?

いえいえ、それはあなた




忘れてるだけですよ






同じカテゴリー(よもやま!)の記事画像
悲しい知恵がまたひとつ
マンマミーヤ、マルミーヤ
久しぶりに粘土細工
Sail on!更新丸よ!
4月の狂詩曲
多幸祈願
同じカテゴリー(よもやま!)の記事
 冬のライオン (2017-03-29 01:34)
 あけおめ (2017-01-01 13:11)
 自由はタダじゃない (2016-11-08 19:12)
 悲しい知恵がまたひとつ (2016-09-04 16:18)
 マンマミーヤ、マルミーヤ (2016-09-03 14:45)
 歩いて探せ! (2016-07-22 21:52)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。