2016年07月22日

歩いて探せ!

「PSVR」がハイエンドな遊びとして注目され、予約も転売屋の暗躍によって瞬殺という一部マニアの間でだけ話題になったのに対し、やはり桁違いに本体が普及しているうえに基本無料という敷居の低さもあってか、さんざん前評判が伝えられていた「ポケモンGO」が、ついに日本でも開始になったのをラジオのニュースで知りました。

うちはタブレットしかないし、ポケモンにも興味ない世代なので、まったくのよその話ですが、ゲームが社会現象になったのって一体いつ以来だろう。
もっと言えば、日本製(じゃないけど)のゲームがここまで人の口端にのぼったのっていつ以来だろう。

斜陽の日本ゲーム業界を思いそんな感慨に浸っていると来客が。
以前たまに来てたおっちゃんでした。

ひさしぶりだと思ったら、おっちゃん手に箱を持ってやってきます。
なんでも訳あって仕事を辞めて困窮しているとのことで、ひとつ100円で買ってくれとおっしゃる。
箱の中身は食玩系のフィギュアで、“店で買い取ってもらえなかった物”とご本人が言うとおり、ばっちりガラクタ。

う~ん、いらない。
さすが、すでに何軒かで断られていると言うだけあって、いくらか力になろうかと思って贔屓目に見てもいらない。

しかし大の男が無理を承知で情けを請うているのを無視して帰すほど100円が惜しいワケじゃなし、逆に100円でウチの困窮がどうにかなる訳でもないと思いひとつ貰うことにしました。

おっちゃん帰ったあと“厳しいなあ”なんてひとしきり思い、ちょっと間わすれて再び“厳しいなあ”と世知辛さを反芻していて、そこまで思うなら500円くらい渡してやりゃ良かったのに、とセルフ突っ込み。

人間、損得じゃなく100円って言われたら100円出しちゃうもんですね。

100円ぽっちではそう何食もできるわけないので、ふたたび仕事と日銭を求めてこの炎天下を歩き回る事になるであろうおっちゃん。
この行軍に比べれば「ポケモンGO」で無謀な歩行者が増えるだ何だなんて、社会的問題でもなんでもないや。

同じカテゴリー(よもやま!)の記事画像
悲しい知恵がまたひとつ
マンマミーヤ、マルミーヤ
久しぶりに粘土細工
Sail on!更新丸よ!
4月の狂詩曲
多幸祈願
同じカテゴリー(よもやま!)の記事
 冬のライオン (2017-03-29 01:34)
 あけおめ (2017-01-01 13:11)
 自由はタダじゃない (2016-11-08 19:12)
 悲しい知恵がまたひとつ (2016-09-04 16:18)
 マンマミーヤ、マルミーヤ (2016-09-03 14:45)
 神様ヘルプ! (2016-06-08 01:16)

Posted by チェリー2000 at 21:52│Comments(0)よもやま!
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。