2017年06月30日

あなただけの人生の物語

個人的な印象ですが、日本におけるSNSの盛衰で長らく定着していると言えるのは「Twitter」ではありますまいか。

ブログと違い前提として短文で、会話形式で直接的にリアクションできる手軽さに加え、漢字という文字単位で意味を持つ表記言語が、字数制限に対し親和性が高い点も奏功しているのかも知れません。

ただ、SNS弱者の僕はいまだにTwitterの使い方をよく分かっていなくて、ブログのリンクをTwitterに上げるという二度手間チックな使い方くらいしかしてないため、世界と繋がるどころか“ネットぼっち”とでも言うべき隔絶さえ感じるこの頃。

そんなコミュニケーションの壁を乗り越える難しさで大部分が占められた地味なSF映画「メッセージ」を観ました。

笹かまみたいな宇宙船に乗ってきたタコみたいな宇宙人が、スミ噴いて書いた文字の解読に腐心する様に“それぁ、わからねえよ!”と思わずお手上げ気分になりますが、そこは映画なのでちゃんとやってくれます。

実際には同じ文化内にいてもなかなか文字をマスターするのは難しいもので、最近では「うんこ漢字ドリル」なるものが大ヒットしたのもその証左といえましょうや。

過日、某おばちゃんとの世間話にもそんな「うんこ漢字ドリル」が話題にあがり、おばちゃん曰く、自分も子供にウンコで興味をひいて文字を教えたものだと話し始めました。
なるほど昔から子供はウンコ好きなんだなあ、と思って聞いてると

“難しい字は無理よ。「あ」とか「む」とか”

と仰る。

は~そんなもんか、と聞き流しかけるもハタと気付いて反芻してみる。
難しいも何も、平仮名なんか並びでいっぺんに憶えないと却ってややこしいじゃないか!だいたい「あ」の何が難しいというのか?!

と、ここで衝撃の気付きを得る。

“ウンコで書くには難しい”のだと。

つまり、いわゆる尻文字からウンコのインク、言わば“ウンク”を垂らして書いた文字で字を教えていたという事なのか?!

おばちゃん、得々と自らの先見性を主張し続けるも、脳裏に浮かぶその光景に、すっかり意識を持っていかれてまるで心に届きません。

仮にその先見性を発揮できていたとしても、その手法はオリジナル過ぎて誰の心にも届かなかったろうと思いました。

同じカテゴリー(SF)の記事画像
空想より愛をこめて
それでも地球はまわってる
ツバメが巣を作らない国
ソイレントグリーン
がんばれ、カウボーイ
《豚》もしくは《もぐら》
同じカテゴリー(SF)の記事
 空想より愛をこめて (2012-09-02 21:07)
 それでも地球はまわってる (2011-03-30 22:07)
 ツバメが巣を作らない国 (2010-09-25 00:12)
 ソイレントグリーン (2010-07-03 23:19)
 がんばれ、カウボーイ (2010-06-21 22:14)
 《豚》もしくは《もぐら》 (2010-06-13 18:11)

Posted by チェリー2000 at 20:54│Comments(0)SF
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。