2018年11月30日

2025年の挑戦

ケムール人は2020年相当の技術の進歩で五百年の寿命を得ながらも、その肉体的限界を地球人の体で補うべく人間狩りに襲来する訳ですが、2020年を目前にした実際の我々の技術は幹細胞操作で肉体的限界を超え、五百年とは言わないまでも、死をさらに遠くに追いやるかも知れません。

各方面の技術は著しく発展している地球人類ですが、我らが老いたる神・資本主義経済を死の床から救う妙策は見つからないようで、我が国ではケムール式に外世界からの人間狩りを始める模様です。

ここ中津はいまだあまり発展していませんが、一つ筋を超えればあちこちで新築・改築ラッシュでバブル感を醸しており、万博誘致に成功したことで更に加速しそうな雰囲気ですが、まあ銭金の話はあまり関係がないだろう僕にとっての興味は“今度の万博において太陽の塔に匹敵しうるランドマークが果たして作れるのか”の一点で、これこそ今、真に人類が挑むべき挑戦じゃないかと思うのです。

同じカテゴリー(よもやま!)の記事画像
シェリー
夏なんていらねえよ、夏
繋がれざる者
悲しい知恵がまたひとつ
マンマミーヤ、マルミーヤ
久しぶりに粘土細工
同じカテゴリー(よもやま!)の記事
 ブルースは加速していく (2018-09-19 21:44)
 シェリー (2018-08-07 16:15)
 夏なんていらねえよ、夏 (2018-07-22 06:39)
 繋がれざる者 (2018-05-29 21:08)
 だましだまし (2018-02-27 21:47)
 ゆめ、の、はなし (2018-01-24 23:30)

Posted by チェリー2000 at 19:22│Comments(0)よもやま!
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。